ようこそ安東能明の公式サイトへ

ここは「死が舞い降りた」で(新潮社)で第7回日本推理サスペンス大賞優秀賞受賞デビューし(幻冬舎)第1回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞「鬼子母神」・「強奪箱根駅伝」などその後も意欲的な執筆活動を続け綿密な取材を完成させた「ポセイドンの涙」「螺旋宮」でまた一歩独自の世界を広げ、ブラジル人の就労者や司法通訳という世界を取材した「アドニスの帰還」が2007年9月20日に発売、集英社の携帯小説でも人気の小説家安東能明のオフィシャルページです。作品紹介のほか、本人のプロフィール、新着情報、他では読めないエッセイなどファン待望のサイトです。
2010年にはついに第63回日本推理小説作家協会賞(短編部門)受賞の快挙を成し遂げました。
その後も警察小説に精力的に取り組んでおり、WOWOWドラマも好評など、警察小説の深化のトップを走り続けています。

新着情報

2019年9月25日 KADOKWAより「頂上調査」発刊

新任キャリアとマル暴刑事。二人が追う事件がつながるとき、真実が――。

捜査二課長としてB県警にやってきたキャリアの仁村恒一郎は、着任早々県知事の贈収賄疑惑を聞かされる。知事の有泉寛人が、県の労働委員会のポストを斡旋する見返りに介護会社社長・新原大輝から四百万円相当のリゾート会員権を受け取ったというのだ。事件化に向け動くなかで、仁村は新原のもとに送り込まれたスパイ・小山内景子を紹介される。一方、県警組織犯罪対策課の皆沢利道は、地元暴力団の抗争事件を追っていた。激化する抗争に巻き込まれ、一人の女が命を落とすが、殺された女が小山内景子だったことが判明。二つの事件がつながったとき、あらわになる真実とは――。第一人者が徹底的な取材を元に描き出す、迫真の警察小説!

2019年7月24日 角川文庫より「指紋調査」発刊 

死を予告する不気味な絵。万里は息子を救うため、謎の真相に迫る!
児童館で働く万里が拾った1枚の不気味な絵。数時間後、

その絵を描いた児童が電車にはねられ死亡する事故が発生する。
その絵には、児童の「死」が描かれていたのだった……! 
事態に慄然とした万里は児童画の研究を始めるが、息子の描く絵に、ある形を見つける。
その形を描いた児童の周囲では、次々と死が訪れていた。それは「死」を表すパターンなのか? 
息子を救うべく奔走する万里だったが――。警察小説の第一人者が描く、異色のサスペンスミステリ!
※本書は角川ホラー文庫『予知絵』を改題したものです。

2019年4月5日 実業之日本社文庫から「女形警部築地署捜査技能伝承官・村山仙之助」発刊

実力派が放つ、型破りな警察小説!

     

高部研一は一般家庭出身だが、歌舞伎好きが高じて子役のオーディションに合格。
頭角をあらわし、女形として将来を期待されていた。

しかし高校卒業後、突然警察官に転身してからは、難事件を相次いで解決するなど、
卓越した捜査能力が買われ、33歳で警視庁捜査一課の警部に昇任する。
ところがその翌年、ふたたび歌舞伎界に復帰。
人気女形・村山仙之助として活躍する裏で、捜査能力を惜しまれ「捜査技能伝承官」に任命、
極秘に警察に籍を置く。

築地署の若き女性巡査・九重佐知とコンビを組んで、
舞台と稽古の合間に、拉致監禁、ストーカー、地面師等、
都会にはびこる悪に睨みを利かせているのだ――。

観察眼と事件の筋読みは天下一品の女形警部・仙之助の活躍を描く。
実力派が放つ、型破りな警察小説!

  

2019年2月20日発売 別冊「文芸春秋」3月号に「夜の署長U」掲載中です。

2018年6月11日 祥伝社文庫から「彷徨捜査」赤中央署生活安全課 発刊

赤羽に捨て置かれた四人の高齢者の身元を捜せ。「疋田警部補」シリーズの新刊です。

  

【新連載試し読み】安東能明『頂上捜査』 | 「カドブン」 で一部無料購読できます。

  小説「野生時代」5月号より連載開始、山梨県が舞台です。

            

実業之日本社刊2017 april 掲載の「首実験 女形警部・仙之助」の続編「道中双六」がWebで読めます。

歌舞伎の女形として人気の村山仙之助には、警視庁から「捜査技能伝承官」に任命された警部というもう一つ顔があった・・・・

2018年3月14日 祥伝社文庫から「ソウル行き最終便」発刊

トップシェアの鍵を握るSDカードを奪え!」

壮大なスケール、 綿密な取材が生んだ圧倒的なリアリティ、 息もつかせぬ展開!

日本の家電メーカーが開発した4Kテレビの次世代技術。 盗み出されたデータを巡り、

日本警察vs.韓国企業の、 絶対に負けられない戦いが始まった!

12月25日 新潮社から新潮文庫「総力捜査」発刊

○罰俸 ○秒差の本命 ○歪みの連鎖 ○独り心中 ○総力捜査の5編

柴崎警部に”相棒”誕生!凄腕刑事上河内を加えた綾瀬署が、武力派暴力団と全面対決!

4月22日 祥伝社 「小説NON 」6月号より 「ミラクル5」 (赤羽中央署疋田シリーズ)連載開始しました。

赤羽中央署は身元不明の老人たちを保護した。今度はどんなミラクル?

3月16日発売「J Novel」実業之日本社刊2017 april

特集「タイムリミット・サスペンス」に「首実験 女形警部・仙之助」掲載です。

期限は”初日”歌舞伎の女形として人気の村山仙之助には、

警視庁から「捜査技能伝承官」に任命された警部というもう一つ顔があった・・・・

   

3月10日 「夜の署長」文春文庫より発刊!

夜間犯罪発生率日本一の歌舞伎町を抱える新宿署には、夜の署長≠ニ呼ばれる伝説の刑事がいた――。
「随監」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞し、同作を含むシリーズで警察小説の旗手となった著者が、新宿署を舞台にさらに熱い′Y事たちを描く。

多くの通行人が行きかう中、歌舞伎町の路上で女性がホスト風の男たちに拉致された。緊急配備がかけられほどなく犯人は逮捕、女性も保護される。実はその女性はホストにはまり、それが夫にばれて家出をし、さらに店にツケをためていたためホストに追い込みをかけられていたのだ。事件の構図は単純なものと思われたが、夜の署長≠フ異名を持つ刑事課強行犯第五係統括係長の下妻警部補はなぜか、3か月前に起きた歌舞伎町のラブホテルでのデリヘル嬢殺人事件の現場と資料をあたっていた。東大法学部卒でキャリアの新米警部補・野上は、拉致未遂事件を早々に終わらせようとする上層部に反し、下妻とともに3ヶ月前の事件との関連を洗いなおす。するとデリヘル嬢殺しと拉致未遂事件に思わぬ接点が……(「未練」「 客死」「 密会」「 風化」の 4編収録 )

2月3日 「虹の不在 第U捜査官」 徳間文庫より発刊!

元高校物理教師という異色の経歴を持つ神村五郎は、卓越した捜査能力により、平刑事なのに署内では署長についでナンバー2の扱い。「第二捜査官」の異名を取る。相棒の新米女性刑事・西尾美加は高校在職当時の教え子だ。飛び降り自殺と思われた事件の真相に迫った「死の初速」をはじめ、死体のない不可解な殺人事件を追う表題作「虹の不在」「小菊の客」「 掟破り」など四篇を収録。管内で発生する難事件に蒲田中央署刑事課盗犯係の捜査官たちが挑む大好評警察ミステリ−。

11/28〜「暴発 撃てない警官X」集英社の「ROLA」で連載開始です。

10月7日 「ゼンカン 警視庁捜査一課・第一特殊班 (幻冬舎文庫) Kindle版発刊!

  Kindleは無料でダウンロードできます。場所を取らずに、持ち物を減らす読書スタイルはじめませんか?

「殺しだけが事件じゃない!」 凶悪犯罪に挑む特殊班の闘いを描く傑作警察小説。

  

9月14日 「浸食捜査」が祥伝社文庫から発刊!

迫真の本格警察小説             偶然目にした一瞬の光景が、人を殺人鬼に変えた──

9月1日、新潮社文庫より「広域指定」発刊。

 女児失踪。綾瀬署の眠れぬ夜が始まる。捜査一課、千葉県警をも巻き込む捜査の行方は?

一月十日午後九時、未帰宅者の一報を受け柴崎警部は高野朋美巡査らを急行させた。九歳の女児、笠原未希はどこへ消えたのか? 早期保護を目指し指揮を執る綾瀬署署長、坂元真紀。主導権を奪おうとする警視庁捜査一課。未解決事件の悪夢に悩まされる千葉県警。キャリアまでを巻き込んだ事件の捜査の行方――そしてその真相とは。名手が持てる力の全てを注ぎ込んだ、長篇警察小説。

別冊文芸春秋」のご紹介

1946年の創刊以来、井伏鱒二、谷崎潤一郎、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫など、時代を代表する作家の数々の名作を掲載してきた文藝誌。より広い読者層に向けてリニューアルした2002年以降も、ミステリーからSF、恋愛小説、時代小説、マンガまで、ジャンルを問わず、多くの話題作を掲載しています。2015年5月、創刊から69年を経て完全電子化へ。 隔月刊行、主要電子書店にて偶数月20日前後に発売

安東氏の作品も掲載されています。バックナンバーも購入できます。

3月号:未練 安東能明  夜間犯罪発生率日本一。 歌舞伎町を抱える新宿署には、“夜の署長”と呼ばれる伝説の刑事がいた。

「作家自身が語る」 = 歌舞伎町は怖くて楽しい? 棲息する刑事たちの物語

5月号:爆弾魔 安東能明 コインロッカーでの爆破事件。被害者が逃げた理由とは

7月号:  客死 安東能明  事故死した男が持っていたはずの現金一千万円はどこへ?

     

全国のTUTAYAで7/22から「撃てない警官」DVDのレンタルが開始されました。

  WOWOW放映を見逃した方も是非レンタルしてご覧ください。

徳間書店「読楽」6月号より、『第II捜査官』の中編連作が隔月で始まりました。第一回は「死の初速」です。

緊急速報!WOWOWプライムで「撃てない警官」一気再放送です。
  5/27(金)深夜0:30   第1話 敗走
5/27(金)深夜1:25   第2話 孤独の帯
5/27(金)深夜2:20   第3話 第3室12号の囁き
5/27(金)深夜3:15   第4話 随監
5/28(土)午前4:05   最終話 抱かれぬ子

5月1日、新潮社より「伴連れ」発刊。 「女は、そして、刑事になる」

警察手帳紛失という大失態を演じた女性刑事は数々の事件の中で、捜査員として覚醒する。

高野が警察手帳を紛失したらしい。柴崎警部は頭を抱えた。彼女はその事実をあっさり認める。

だが捜査を続けるうち、不祥事は全く別の貌を見せはじめた。

少年犯罪、ストーカー、老夫婦宅への強盗事件。盗犯第二係・高野朋美巡査は柴崎の庇護のもと、

坂元真紀署長らとぶつかりながら刑事として覚醒してゆく。

迫真のリアリティ。心の奥底に潜むミステリ。警察小説の最高峰がここに。

4月11日 祥伝社より「ソウル行き最終便」発刊。「トップシェアの鍵を握るSDカードを奪え!」

壮大なスケール、 綿密な取材が生んだ圧倒的なリアリティ、 息もつかせぬ展開!

日本の家電メーカーが開発した4Kテレビの次世代技術。 盗み出されたデータを巡り、

日本警察vs.韓国企業の、 絶対に負けられない戦いが始まった!

1月10日スタートのWOWOWの新ドラマ『連続ドラマW 撃てない警官』第1話完成試写会が1月8日東京国際フォーラムで行われ、上映前には主役の田辺誠一さん・石黒賢さん・中越典子さん・山本学さん・嶋田久作さん・長崎俊一監督が登場され作品についてのコメントや司会者の質問に答えました。各種ニュースでも取り上げられております。安東氏も出演者の方々、関係者の方と忙しく挨拶を交わしました。(画像はニュースウォーカーから)

クランクアップまで残り2日という事で9日には安東氏も撮影現場を訪れる予定です。NHKの「あまちゃん」を担当した大友良英さんの音楽もとても印象的でした。WOWOWでご招待されたファンの方も「大人が演じる大人のドラマ」を堪能しました。今週日曜午後10時からです。是非ご覧ください。

新年明けましておめでとうございます。今年は1月からWOWOWでの放映で良いスタートダッシュ!

皆さまにも良い一年になりますようお祈りいたします。、安東作品、安東サイトも宜しくお願い致します。

1月8日は東京国際フォーラムで「撃てない警官」の試写会があります。原作者の安東氏も浜松から参加します。

とその前に、なんと、、安東氏が浜松の一日警察署長になりました。中日新聞でも紹介されています。

ゆるキャラ日本一の「家康君」とも対面しました。

  

来年1月10日スタートのWOWOWの新ドラマ『連続ドラマW 撃てない警官』

(毎週日曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)放映のお知らせです。

主役は画伯としても人気の俳優の田辺誠一さんです。

正義よりも組織での出世を最優先するエリート警察官を演じ、新たな“アンチヒーロー”に挑む。是非ご覧ください。

このほかのキャストは石黒賢・中越典子・嶋田久作・山本學ほか

    

12月3日 読楽警察小説アンソロジー「地を這う捜査」が徳間文庫から発刊!

「いま話題の作家たちが集結」日本の警察小説は豊饒なジャンルへと成長してきた。本書はその成果だ!

という秀作集の一遍に安東氏の「密室の戦犯」が収録されています。寒い夜長のお伴にしては熱すぎるかも?

   

7月3日 「第U捜査官」が徳間文庫から発刊!

「元教師と教え子の名・迷コンビが捜査を開始する!!!」是非書店で手に取ってみて下さい。

安東氏の高校の物理教師、はサッカー顧問の近藤理科(あだ名)でしたかね?

 

3月25日 「CAドラゴン3 破網(はもう)」が中央公論文庫から発刊!

強くて凄いあいつの第3弾、高層マンション建設現場のタワークレーンで立てこもり事件が発生。公衆の面前で起きた凶行に、最強エージェント・矢島の怒りが爆発する! ハードアクション三部作、完結篇。、

      

嬉しいお知らせ

新潮社電子版yomyom pocket「ROLA」に移行し、無料 になりました。

安東氏の連載「広域指定 撃てない警官V」は引き続き掲載されており、初回からすべて購読できます。

12月20日 「CAドラゴン2 着底す」が中央公論文庫から発刊!

強くて凄いあいつの第2弾、中国の原子力潜水艦が、津軽海峡に着底。国家の危機を救うべく、最強のエージェント・矢島達司が水面下の敵との闘いに挑む!??、

   

11月29日テレビ朝日「土曜ワイド劇場」で安東氏原作のドラマ「せいあん〜生活安全捜査隊」が放映されました。

        主演は村上弘明さん。熱いけど、温かい生安課長でした。原作は集英社文庫の「聖域捜査」です。

安東能明原作のドラマ化作品は他にも2001年「鬼子母神」(黒木ひとみさん主演)・2011年「殺人予告」(椎名桔平さん主演)があります。「強奪箱根駅伝」「15秒」「ポセイドンの涙」等もドラマ化されたら面白いと思うのですが、、

Web小説も快進撃!「広域指定 撃てない警官V」

新潮社電子版yomyom pocketにて10月14日から連載スタートです。

推理作家協会受賞作の第3シーズンがスタートです。ますます冴えるミステリ×さらに深まる人間ドラマ!

  

10月11日 「浸食捜査」が祥伝社から発刊!

迫真の本格警察小説             偶然目にした一瞬の光景が、人を殺人鬼に変えた──

    

8月23日 「CAドラゴン」が中央公論文庫から発刊!

刑事もテロリストも恐れる最強の男――警察庁と極秘に契約を結ぶエージェント・矢島達司が、凶悪な犯罪者どもと闘うアクションシリーズ、遂に始動!

   

7月1日 「出署せず ― 撃てない警官 U― 」が新潮文庫から発刊!

8/17朝日新聞で紹介されました。 クリックすると記事が読めます。

柴崎令司警部は、今回も綾瀬署を離れることができなかった。その一方で、同世代のキャリア・坂元真紀が署長に着任。現場経験に乏しいコンビが誕生してしまった。職務にまつわる署内の不祥事、保護司による長男殺しの闇。そして、女性店員失踪事案の再捜査が、幾つもの運命を揺さぶりはじめる――。

ミステリ×人間ドラマの興奮。日本推理作家協会賞受賞作を継ぐ、シリーズ第二弾。

Web小説も奇想天外!「撃てない警官U 出署せず」

新潮社電子版yomyom pocketにて10月17日から連載スタートです。

推理作家協会受賞作の第2シーズンがスタートです。新たな女性上司?柴崎の本庁への返り咲きは成るか?  

新作紹介                                          

祥伝社より「限界捜査」が発刊されます!10月28日

正統派、かつ斬新!心を鷲掴みにする本格新警察小説

若い母親は何を求めたのか?幼い娘の未来はどこへ・・・・・?

待望の新作が出ました!!

徳間書房より「第U捜査官」発刊されました。

「元教師と教え子の名・迷コンビが捜査を開始する!!!」

”THE SECOND INVESTIGATOR”

日本推理作家協会賞受賞(収録作「随監」)『撃てない警官』が6/1発刊されました。

単行本で読み逃した方もぜひこの機会に手に取ってみてください。

「確かな手応えと重み。味わい深い、警察小説集」――誉田哲也氏推薦

「捜査シリーズ」第3弾「伏流捜査」が4/19発刊されました。

結城公一が警視庁生活安全部・生活安全特捜隊の班長となって3年目。渋谷のクラブで脱法ハーブが売られていると情報が入り、結城らはクラブを張るが…。“生特隊"の活躍を描く全2編。((解説/池上冬樹)  

中央公論新社から4月25日待望の新作単行本が発刊されました。

「12オクロックハイ」−警視庁捜査一課特殊班−


大人気の「聖域捜査」の続編、「境界捜査」が 集英社文庫から発売されました。

「生安(セイアン)」の刑事たちを描く傑作警察小説!花形刑事に憧れていた結城が、警視庁生活安全特捜隊の班長に着任して2年目。女性刑事・寺町が新たに仲間に加わり、結城率いる“生特隊?の面々はさらなる事件捜査に挑んでいく。(解説/西上心太)  



  @niftyの携帯やパソコンで読めるサービスサイトに安東氏登場です。  購読方法は←をクリックしてください。
「殺人予告」が2011年1月29日(土曜日) テレビ朝日系列「土曜ワイド劇場」で放映されました。

「隋監」を含む短編集「撃てない警官」が10月22日に発売されました。
日本推理小説作家協会編集 光文社刊「現場に臨め」に「撃てない警官」が収録されています。
双葉社より「潜行捜査」9月7日発刊    あの事件がモチーフ?安東流の結末は?
朝日新聞出版 朝日文庫より『殺人予告』発刊
2010ザ・ベストミステリーズ発刊されました日本推理作家協会賞短編部門受賞作、安東能明「随監」を含むすべての第63回日本推理作家協会賞候補作品を一挙掲載!


主要作品紹介
 (詳細は作品紹介へ)

出版日 タイトル 出版社 内容
1995/1/20 死が舞い降りた 新潮社 第7回日本推理サスペンス大賞優秀賞
2001/2/10 鬼子母神 幻冬舎 第1回ホラーサスペンス大賞特別賞
2001/10/20 漂流トラック 新潮社 トラッカーたちの魂の叫びを描く
2002/8/10 15秒 幻冬舎 タイム・パラドックス・ホラーの醍醐味
2003/8/30 幻の少女 双葉社 記憶が溶けていく恐怖をリアルに描く
2003/10/30 強奪箱根駅伝 新潮社 徳光和夫氏絶賛のスポーツミステリー
2003/6/15 短編ベストコレクション2003 徳間文庫 「夜汽車」
悲国行きの列車に乗ることを願う中学生
2003/10 鬼子母神 文庫版 幻冬舎文庫 「代理ミュンヒハウゼン症候群」を切る
2004/10 短編 「ああ腹立つ」 新潮文庫 「地球は一つ」宇宙開発と世界平和について
2005/7/10 ポセイドンの涙 幻冬舎 構想17年ついに完成した自信作
2005/11/18 螺旋宮 徳間書店 赤ん坊たちを襲う不可解な突然死
2006/12/1 強奪箱根駅伝 文庫版 新潮文庫 箱根駅伝とテレビ中継が乗っ取られる
2007/9/20 アドニスの帰還 双葉社 ブラジル人出稼ぎ労働者が暮らす聖市街
2007/12/25 「水没」
青函トンネル殺人事件
幻冬舎文庫 青函トンネルが水没する!
2009/7/25 予知絵 角川ホラー文庫 絵が、死を予言する!長編サスペンスホラー
2010/07/08 ザ・ベストミステリーズ2010 講談社 「随監」を含むベストミステリー収録
2010/09/07 潜行捜査1対100 朝日新聞社 あの事件がモチーフ?まさかの結末が
2010/09/07 殺人予告 双葉社 テレビ朝日「土曜ワイド劇場」でドラマ化決定!
2010/10/19 現場に臨め 光文社 「撃てない警官」が収録された推理作家協会編
2010/10/22 撃てない警官 新潮社 「随監」が収録された連作形式の警察小説
2010/12/16 聖域捜査 集英社 ネット配信済みの作品遂に登場!
2012/3/16 境界捜査 集英社 聖域捜査の続編、「生安」結城の活躍と葛藤
2012/4/25 「12オクロックハイ」−警視庁捜査一課特殊班− 中央公論新社 国家と企業の悪意が生み出した凶悪な敵にSITが挑む、本格警察小説
2013/4/19 伏流捜査 集英社 捜査シリーズ第3弾!小さな事件に隠された”犯罪の闇”を生活安全部の捜査官が暴く!
2013/ 6/ 1 撃てない警官 新潮文庫 日本推理作家協会賞受賞(収録作「随監」収録)文庫版で登場!
2013/9/11 第U捜査官 徳間書店 元教師と教え子の名?迷コンビが捜査を開始する!
2013/10/30 限界捜査 祥伝社 正統派、かつ斬新!心を鷲掴みにする本格新警察小説
2014 7/1 出署せず ― 撃てない警官 U― 新潮社 ミステリ×人間ドラマの興奮、シリーズ第2弾
2014/8/23 CAドラゴン 中央公論新社 新しい安東作品の登場です!!CAって何?
2014/10/11 浸食捜査 祥伝社 迫真の本格警察小説!
2014/10/11

CAドラゴン2「着底す」

中央公論新社

中国の原子力潜水艦が津軽海峡に着底?行け矢島!

2015/3/28  CAドラゴン3「破網」 中央公論新社 ハードアクション三部作、完結篇
2015/7/3 第U捜査官 徳間文庫 元教師と教え子の名?迷コンビの捜査を庫版で
2015/12/3 「地を這う捜査」に収録「密室の戦犯」 徳間文庫 警察小説アンソロジーのトップを飾ります
2016/4/11 ソウル行き最終便 祥伝社 日本警察VS韓国企業の戦争没発!
2016/5/1 伴連れ 新潮文庫 そして女は刑事になる!
2016/9/1 広域指定 新潮文庫 女児失踪。綾瀬署の眠れぬ夜が始まる
2016/9/14 浸食捜査 祥伝社文庫 人が殺人鬼に変わる瞬間、、
2016/10/7

ゼンカン

警視庁捜査一課・第一特殊班

(幻冬舎文庫) Kindle版 殺しだけが事件じゃない! 凶悪犯罪に挑む特殊班の闘いを描く傑作警察小説。
2017/2/3 「虹の不在」:第U捜査官 徳間文庫

元物理教師と教え子のコンビが活躍するシリーズ

「死の初速」「虹の不在」など物理系のタイトルが魅力

2017/3/10 「夜の署長」 文春文庫 夜間犯罪発生率日本一の歌舞伎町を抱える新宿署には、夜の署長≠ニ呼ばれる伝説の刑事がいた――。
2017/12/25 「総力捜査」 新潮文庫 柴崎警部に”相棒”誕生!凄腕刑事上河内を加えた綾瀬署が、武力派暴力団と全面対決!
2018/3/14 「ソウル行き最終便」 祥伝社文庫

「トップシェアの鍵を握るSDカードを奪え!」

2018/6/11 「彷徨捜査」 祥伝社文庫 赤羽中央署生活安全課、疋田警部補シリーズ
2019/4/5 「女形警部」 実業之日本社文庫 築地署捜査技能伝承官・村山仙之助参上!
2019/7/24 [指紋調査] 角川文庫 絵が、死を予言する!長編サスペンスホラー*予知絵改題
2019/9/25 「頂上捜査」 KADOKAWA

新任キャリアとマル暴刑事。二人が追う事件がつながるとき、真実が――。

掲載・メディア情報一覧


お知らせ

since2005/03/28